専門的なMRへの転職もサポート|営業の世界でトップに上りつめる

ビル

最適な情報が得られる

スーツの女性

建築業の携わる仕事の中でも、多くの人に人気であるのが施工管理技士でしょう。施工管理技士は、主に建築現場での施工計画の作成、および建築業での安全管理や工程に関する調整などを行なう仕事です。現場での作業員とは違い、ほとんどが事務仕事となるため、体力に自信がないという人でもきちんと務めることができるでしょう。施工管理技士になるためには、エクセルなどを扱えるパソコンの技術のほか、測量の技術や建築施工管理技士の資格などを保有していると採用されやすいでしょう。また、施工管理補助の仕事から入り、技術を身につけながら施工管理技士になるという方法も利用ができるでしょう。施工管理技士として働くためには、情報を扱う建築業関連のサイトを利用するとよいでしょう。建築業専門の求人サイトを調べることで、一般の求人情報には載っていない施工管理技士の求人も見つけることができるのです。

施工管理技士の求人は非常に待遇がよい代わりに、条件として経験や資格などを要求されるものです。別の会社から転職などを行なう際に、建設業の求人サイトを利用することで、自分の経験や技術を活かせる職場に再就職できるでしょう。新卒の人などであれば、いきなりこうした施工管理技士に応募して採用されることは難しいものです。施行における安全管理を担う仕事となるので、確かな経験を持つ人でなければ採用が難しいのです。しかし、だからといって施工管理技士になる夢を捨てる必要はありません。施工管理補助の仕事であれば、特に資格や経験を要求されることはないので、採用されることもあるのです。立派な施工管理技士となるための修行期間として、補助の求人へ応募することもできるでしょう。